耳鼻と臨床 Otologia Fukuoka

「耳鼻と臨床」は耳鼻と臨床会の会員誌です

編集主幹 中川尚志

九州大学大学院医学研究院臨床医学外科学講座 耳鼻咽喉科学分野内
耳鼻と臨床会 「耳鼻と臨床」編集部
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 Tel: 092-642-5668 (ダイヤルイン)Fax:092-642-5685
E-mail:jibirin@qent.med.kyushu-u.ac.jp

[振替口座番号] 01710-9-25469 [会 費] 年間 6,000円

学会発表内容を原著論文として発表することをお勧めします

日本耳鼻咽喉科学会では、専門医取得条件として1編以上の学術論文発表が必要です。また、専門医更新の要件としてピアレビューを受けた論文発表による単位取得が可能です。学会発表と論文発表は大きな違いがあります。学会発表はその場限りの口演が主なため詳しい発表内容は記録されませんが、論文発表は後輩に永く受け継がれる知恵となります。「耳鼻と臨床」は投稿条件として筆頭著者が会員であることを求めておりますが、著者全員の会員資格を求めることが多い他誌に比べ投稿時の制約が少ないことが特長です。耳鼻と臨床会は、多くの先生方が学会発表されている内容を「使い捨て」の知識とするのではなく、後輩に受け継がれる学術論文として記録することをお勧めします。

編集主幹 中川尚志

  • 重要度が増す学術論文発表
    日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
    [取得条件] 1編以上の学術論文(筆頭著者)を執筆した者
    [更新単位] 学会発表:1単位、論文発表の筆頭著者:2単位、共著者:1単位
  • 制約の少ない耳鼻と臨床投稿条件
    筆頭著者が耳鼻と臨床会会員であること

投稿規定

投稿資格 筆頭著者は耳鼻と臨床会会員に限ります。筆頭著者が非会員の場合、入会手続きのご案内を差し上げます。入会手続きの日を論文の受付日といたします。
投稿内容 論文は耳鼻咽喉・気管食道・頭頸部に関する内容の和文または英文とし、他誌に投稿されていないもの、他誌に投稿中でないものに限ります。
原稿の扱い
  • a. 原稿は査読者の査読を得て掲載の可否を決定します。掲載順序は編集部に一任してください。
  • b. 原稿はカバーレターに記載がなければ編集部で判断し、原著論文または症例報告として扱います。原著論文、症例報告以外に、著作として総説(今まで発表された原著論文のまとめ)、視点(著者の私的考察や論文、著書などの評論)、製品レビュー(製品等の使用経験)を受け付けます。ご希望の取り扱いをカバーレターに記載してください。
投稿方法
  • a. 郵送による投稿
    原稿は必ず書留郵便で編集部あてに送付してください。原稿データを保存した電子保存媒体(CD-RまたはUSBメモリー)を同封してください。電子保存媒体がないときは別途料金を申し受けることがあります。原稿および電子保存媒体は申し出がない限り返却しないこととします。査読を得て受理と同時に掲載予定号をお知らせします。
  • b. メール投稿
    電子原稿をメールにて投稿することも可能です。郵送による投稿と同様、査読を得て受理と同時に掲載予定号をお知らせします。
    • (1)メール投稿用のアドレスは jibirin@qent.med.kyushu-u.ac.jp です。
    • (2)データ量が大きい場合(10MB以上)はファイル転送サービスを利用するか、送付前に編集部にお問い合わせください。
    • (3)原稿の本文および図表の説明はMicrosoft Wordを使用し、和文は全角、英数字は半角で記載してください。数式はMicrosoft Wordの「数式」機能を用いてください。図表は本文ファイル内に貼り付けてください。
    • (4)本文ファイルとは別に図表ファイルを添付して投稿することもできます。図表として投稿可能なファイル形式は、Excel、PowerPoint、JPEG、TIFF、GIF、PNGです。ファイル名は、図表の番号が分かるように数字を打ち、拡張子を省略せずにつけてください(Figure1.ppt、Table1.xlsx など)。
原稿の形式について
  • a. 原稿は楷書・ひらがな・新仮名遣い・横書で記載してください。
  • b. 用字用語については、日本耳鼻咽喉科編「耳鼻咽喉科学用語解説集」に沿って記載してください。その他の用語は「記者ハンドブック」(共同通信社)に準じて、編集部で統一させていただきます。
  • c. 年号以外の数字は、3桁毎にコンマで区切ってください。
    例)2,350  1,352,250  1995年
  • d. 英単語は、タイトル・本文中とも、固有名詞と略語以外はすべて小文字で始めてください。
  • e. 英文原稿については、原則として英文校閲者による校閲を受けたことの証明書を付け、A4用紙にダブルスペースで作成してください。Key wordsは英語にて5語以内とし、全文の和訳も付けてください。
  • f. 原稿は以下の形式で作成してください。
    (1)カバーレター
    宛名は「耳鼻と臨床」編集部としてください。論文題名、代表者の氏名、連絡先(住所、電話番号、FAX番号、E-mail)を記載してください。本論文が未発表であること、および他誌に投稿・査読中でないこと、著者全員が論文原稿を読み承認された論文であることを明記してください。使用したソフトおよびバージョンを明記してください。
    (2)タイトル頁
    題名、著者名(全て)、所属機関(全て)およびその所在地を記載してください。 なお、題名、著者名(全て)、所属機関(全て)には英文を併記してください。
    (3)原稿1枚目
    「まとめ」および5語以内の日本語または英語のKey wordsを付記してください。「まとめ」は、200~400字程度で記載してください。
    (4)原稿2枚目以降
    原著論文、症例報告は以下に記載した順で改行して記載してください。著作の場合は可能な限り原著論文の形式にしてください。
    • ①原著論文:まとめ、はじめに、対象と方法、結果、考察、文献、図表の説明、利益相反、(謝辞、)英文抄録とその和訳、図表
    • ②症例報告:まとめ、はじめに、症例、考察、文献、図表の説明、利益相反、(謝辞、)英文抄録とその和訳、図表
    (5)倫理規定・個人情報保護について
    倫理、個人情報保護に配慮してください。臨床研究は、「ヘルシンキ宣言 人間を対象とする医学研究の倫理原則」に沿ったものであること、所属施設の倫理審査委員会の承諾を得たことを明記してください。
    (6)利益相反について
    利益相反のない場合は、「利益相反に該当する事項はなし。」と本文末尾に記載してください。また、論文の内容に関連する研究費助成などがある場合は、それを明示してください。
    (7)英文抄録について
    英文抄録は200語以内で記載し、和訳を付けてください。
    (8)文献について
    • ①文献引用順に番号を付し、下記の形式に従って記載してください。著者名は2名までは連記、3名以上は筆頭著者のみとし、共著者は「他」「et al」を用い省いてください。サブタイトルは、ダーシで囲む形式に統一してください。
      著者氏名:題名. 誌名 巻:頁, 発行年,

      篠原あさの他:セツキシマブ併用放射線治療後にニューモシスチス肺炎を来した1例. 日耳鼻 119:204-209, 2016.
      Murakami D et al: Effect of short-term oral immunotherapy with Cry j 1-galactomannan conjugate on quality of life in Japanese cedar pollinosis patients-A prospective, randomized,open-label study-. ANL 43: 50-55, 2016.

    • ②単行本は、下記の形式にしてください。
      著者氏名:章題名. 本題名. 編者名, 頁, 出版社, 出版社所在都市, 発行年,

      中川尚志・小宗静男:難治性中耳炎.症例から見る 難治性疾患の診断と治療 1.耳科領域編.加我君孝監,小林俊光他編,1-14頁,国際医学出版,東京,2011.
      Pickles JO:The physics and analysis of sound.In:An introduction to the physiology of hearing,4rd edn.pp1-10,Emerald Group Publishing Limited,United Kingdom,2012.

    • ③欧文誌の略称はIndex Medicusに準じてください。
    • ④ホームページの引用の場合、著者名:タイトル.引用元のURL,(確認した日付)の順としてください。
      例) 日本耳鼻咽喉科学会調査委員会: 耳鼻咽喉科医師数に関する全国調査.
      http://www.jibika.or.jp/members/iinkaikara/ishi-tyousa.html (2016.4.3)
    • ⑤受理されているが、未掲載の論文の参照には、著者氏名:題名.誌名の後に「(印刷中)」「(in press)」と記載してください。また、そのような論文を引用する際には、その論文が受理されたものである証明(コピーで可)を同封または添付してください。
    • ⑥投稿はされたが、まだ受理されていない論文からの情報については、その情報源からの承諾を書面で得た上で、本文中に「未発表所見」あるいは「unpublished observation」と明記してください。
著作権について
  • a. 本誌に掲載された論文の著作権は、「耳鼻と臨床会」に帰属するものとします。
  • b. 投稿に際しては、原著論文、症例報告、著作のいずれについても、既に発表された図(写真を含む)・表その他を引用転載する場合は、著作権法に基づき、著作権者の書面による同意を得てください。また、出典は参考文献の中に記載し、該当する図表には文献番号で出典を明示してください。
  • c. 論文内容が著作権侵害などにより第三者に損害を与えた場合、執筆者がその責任を負うものとさせていただきますので、ご了承ください。
インターネット上の
公開について
本誌に掲載された論文は、インターネット上(J-STAGE http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jibi/-char/ja)にて公開いたしますのでご了承ください。
掲載費用について
  • a. 費用は4頁までを耳鼻と臨床会負担とし、それ以上になる場合は超過分を実費著者負担とします。英文抄録の校閲実費は著者負担とします。
  • b. 別刷は、原則としてCD-R郵送またはメール添付にてPDFフォーマットでお渡し致します。雑誌掲載紙面上では白黒の図(写真等)の場合でも、別刷PDFでは、投稿時の図がカラーである場合はカラーのままでの仕上げになります。
    印刷による別刷を希望される場合は、編集部にご相談ください。
  • c. 急載希望および著作はその旨をカバーレターに記載してください。その場合には当該論文全文に対し実費を負担していただきます。
  • d. カラー印刷を希望する場合はその旨を記載してください。カラー印刷代の実費は著者負担とします。
  • e. 定期号のほかに補冊を随時刊行します。補冊に掲載する論文は特に急載を要するもの、多くの頁数を必要とするもの、その他特に希望のあるものとし、その費用は全額著者負担とします。

本誌のバックナンバーは58巻(2012年発行)までを東亜ブック(〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町5-27-11 Tel.03-5947-4781)にて、59巻(2013年発行)以降を耳鼻と臨床会にて販売しています。なお、前年以降の分は会員にのみ販売いたしますので「耳鼻と臨床会」にお申し込みください。

ページTOP