九州大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科学 九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
関連機関 交通アクセス
耳鼻咽喉科について 診療案内 診療・研究グループ スタッフ紹介 研修について 久保記念館 会員誌”耳鼻と臨床”
久保記念館

久保記念館について 久保記念館は昭和2年(1927年)5月8日の九州大学医学部耳鼻咽喉科学教室の第二十回創立記念日に同門会の四三会員一同から耳鼻咽喉科学教室初代教授 久保猪之吉先生に寄贈され、さらに九州大学に献呈されたものである。その献呈式にあたり、久保猪之吉先生は

「今日堅牢なる耐震耐火的建築物を完成し久保記念館の名を持って予に贈らる。大に予の意を得たるを以て喜んでこれを受納し直ちに本学に寄附の手続を了し総長より感謝の辞を得たり。今より教室多年の努力によりて蒐集したる記録、標本、図書を安全に保存し得べし。 是等の中には日本に於けるレコードは勿論世界に於けるレコードをも有するを以て之を保存し往くことは吾等及後継者の責任なり。願わくは門弟諸子よ記念館の基礎を益々固くし深くし将来之を吾耳鼻科のMeccaたらしめよ。」

と述べた。  

以来、貴重な医学標本、入院記録、外来記録、直達鏡検査簿、手術簿、教室史を始めとして、寄贈を受けた物品や図書などを収蔵し保存に務めてきた。現在も収蔵品の保存状況は良好である。  

しかしながら、50年余の歳月を経て記念館の内外装の老朽化が進み、抜本的な改修を行わなければ収蔵品の管理が危惧される状況となった。このため、四三会員からの浄財を募ることにより、平成11年5月から第一次久保記念館改修事業によって外装を改修し、平成14年5月から第二次久保記念館改修事業によって内装を改修し、平成15年3月ようやく改修を終了させることができた。

久保記念館バーチャルツアー


このページのTOPへ

九州大学医学部 九州大学

HOME